代表挨拶

本センターは、平成28年度の文部科学省私立大学研究ブランディング助成の支援を受けて、その中核推進期間として東京理科大学研究推進機構総合研究院に設立されました。わたしたちが日常の生活を営む環境下では、水は様々に形を変えて、物質・材料の表面に普遍的に存在し、時にはその構造や機能の発現を支え、時には身の回りの機械などの動作に思わぬ影響を与えたりします。本センターでは、物理・化学・生物・材料・機械といった分野の垣根を越えて、物質・材料表面に存在する水の特殊な構造や機能をナノスケールから明らかにし、ミクロ、そして我々の目にするマクロスケールで観測されるさまざまな現象を説明しうる、マルチスケールな水の学理の構築を目指します。そして得られた知見を基に、安全かつ普遍的に存在する水を積極的に利用した、省エネルギー材料・医療用材料などの開発に応用することで、環境負荷を減らした高効率、低エネルギー消費型の社会や長寿高齢化社会の実現に役立つ技術の開発を目指します。

研究成果

掲載資料

もっと見る

特設サイト

イベントリスト

2020年度 研究成果報告会を開催しました

2021年1月15日~25日、オンラインにて「2020年度 研究成果報告会」を開催しました。

詳細を見る
国際会議「MRMフォーラム2020」において, 共催にてテクニカル・シンポジウムを開催します

2020年12月7日~9日、オンラインにて開催される国際会議『MRMフォーラム2020』において、W-FSTセ […]

詳細を見る
東京理科大学オープンカレッジにて サイエンス講座「科学する楽しみ」を開講します

2020年10月31日、東京理科大学オープンカレッジのサイエンス講座・水シリーズ「科学する楽しみ」をオンライン […]

詳細を見る
もっと見る

お問い合わせ

お名前
必須

フリガナ
必須

メールアドレス
必須

お問い合わせ内容
必須

本文
必須